イタリア初心者やイタリア好き、イタリアを自由に旅したい人に役立つ情報をご紹介!

日本人の癖でイタリアで困るもの

日本人の癖でイタリアで困るもの

私たち日本人は島国のせいもあるのか、全般的に外国人を前にすると緊張したり後ずさりしてしまいがちです。そして、英語で道を聞かれても逃げるか、戸惑ってしまうことも多くあるかもしれません。私たち日本人は、義務教育で英語を勉強してきました。しかし、英語がペラペラ話せるかというと、ほとんどの人が話せないと言うでしょう。

でも、国によってこの認識が違ってきます。イタリアで道を聞くと、最初は英語で必死に答えてくれようとします。そして、段々イタリア語へと変化していきます(笑)でも、必死に伝えようとしていることはよくわかり、なんとか通じてしまうこともあります。

中には日本語を話せるというイタリア人も出てきます。よくよく聞いていると、「こんにちは」や「さようなら」といった挨拶程度のものなのですが、彼らはこれでも喋れると言ってしまうわけです。結局のところ、認識の違いでしかないのかと思います。

日本人は完璧に話せないと喋れないという認識になってしまいますが、イタリア人は少しでも話せて意思疎通ができれば話せるものと解釈します。ある意味、私たち日本人からすれば図々しいなと思ってしまうわけですが、ここがイタリア人と日本人との認識の差なのかもしれません。

間違っていてもいい

そして、日本人に多いのが間違えることを嫌とすること、間違えることに恥ずかしさを覚えることです。この感覚というのは、なぜか日本人であれば大抵の人が持っている可能性のあるものと思います。やはり、恥じらいということが文化としてある日本人ならではの行動ではないかと思います。

もちろん、恥じらいが良いこともありますし、逆に私たち日本人から見ればイタリア人の恥じらいの無さなどが気になってしょうがないかもしれません。でも、このような恥じらいという行動は彼らからすると、「日本人は何を考えているのかわからない」ということになってしまうわけです。

この感覚というのは、海外に行ってみないとわからないもので、海外に行った人間はかなり変わって帰ってくることが多いと思います。どちらかというと、オープンマインドになるという感じです。ただ、日本人には察するということができるのに対して、イタリア人にはその感覚はわかりにくいかもしれません。

ある意味、超能力者のように見えてしまうかもしれません。いずれにしても、遠慮や恥じらいといった行動はイタリア人にとって見れば理解できないことなのかと思います。このように、育った文化によって思考や性格などがかなり左右されるのだと思います。

まずは話しかけてみること

ということで、まずは言葉が出来る出来ないではなく、勇気を出して話しかけてみると良いと思います。イタリア人は、思いのほか良くしてくれますし、親切な人が多くいます。だいぶ日本の文化も知られるようになり、日本人のことも理解され始めているはずです。

イタリア旅行でも、できるだけレストランや売店など、ショッピングなどでも積極的に話しかけてみるとより楽しい旅行になるはずです。間違いを恐れずまずは話しかけてみること、そこから楽しいイタリア自由旅が始まっていくはずです。そして、もっとイタリアが好きになるかもしれません。

ちなみに、私が留学時に感じたことですが、日本に比べヨーロッパの言語は英語に似ている単語もあることから、義務教育だけでも英語を喋れるようになってしまう人達もいます。実際、私が留学していた学校では、義務教育で英語が喋れるようになり、しかも数ヶ月でイタリア語も喋れるようになり帰っていくというヨーロッパ人もいました。

イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!無料メルマガ登録

スクリーンショット 2016-06-04 12.31.45

 

スポンサードリンク





お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3377-8397 受付時間:10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ「イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!」

麻生裕二プロフィール

イタリア自由旅予約サイト

 

   

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © イタリア自由旅情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.