イタリア初心者やイタリア好き、イタリアを自由に旅したい人に役立つ情報をご紹介!

イタリアで電車チケットを買うのは忍耐が必要

イタリアで電車チケットを買うのは忍耐が必要

IMG_2289イタリアでは電車のチケットを買うのに忍耐が必要になります。まあ、基本イタリアという国はどこに行っても並ぶことが多くあります。郵便局でもスーパーでもとにかく並ぶことが多く、日本のようにスムーズにはいきません。

どうしても私たちは日本と比較してしまいがちですが、比較すればするほどイライラするばかりです。基本、都市の駅に行くと切符売り場は長蛇の列です。フィレンツェなどはまさに長蛇の列です。とにかく、処理能力が遅いのだと思いますし、効率が悪いのだと思います。

イタリアでの電車の切符の買い方ですが、窓口で買うか、自動券売機で買う方法があります。窓口で買う場合は、行き先と電車の時刻、片道か往復か、1等か2等か、これらを伝えて、現金かクレジットカードで買うことができます。

ちなみに、電車の時刻表を調べる際は、アナログな方法で言えば駅構内に貼ってあるPARTENZAという時刻表がありますので、そこで確認するといいでしょう。もしくは、現在はインターネットでも調べることが可能です。下記TRENITALIAのサイトで検索すれば、電車の種類や時刻がすぐわかります。そして、もちろん切符の購入はインターネットでも可能です。インターネットで購入する際はクレジットカードのみとなります。

イタリアの電車の詳細や時刻、切符の購入は、下記サイトをご参照ください。
TRENITALIA:http://www.trenitalia.com

自動券売機での切符の買い方

IMG_2297自動券売機で買う場合も結構並んでいます。というのも、我々日本人のように自動券売機で切符を買うということにあまり慣れていない人が多くいます。ですので、結構待つこともありますが、私の経験上では窓口よりも自動券売機の方が早いと思います。私もイタリアに行った際はほとんど自動券売機で買っています。

自動券売機で買う際は、現金とカードが使える機種と、カードのみしか使えない機種がありますので、まずはそこに注意が必要です。そして、買い方としてはまずは言語を選ぶ必要があります。続いて、行き先を選び自分の行きたい時刻にあった列車を選び1等か2等を選びます。最後に支払い方法の現金かクレジットカードを選び終了です。あとは、切符が出てきます。

イタリアではお釣りの出てこない自動販売機もありますが、駅の自動券売機はお釣りが返ってきますのでご安心ください。窓口も自動券売機も当日以外の列車も予約することが可能です。ですので、行き先がわかっているのであれば、事前に購入しておいた方が焦らずに済むかと思います。

チケットを買ったら、行き先や座席、等級などを確認しておきましょう。そして、切符売り場の周りには物乞いやスリなども多くいます。「小銭をくれ」と言ってくる人もいますので、関わらないようにしましょう。そして、あまりお金を見せないようにしましょう。特に日本人は狙われやすいので、注意してください。

イタリアの電車賃は安い?

ちなみに、イタリアの電車賃は安いのでしょうか?その答えは「NO」です。イタリアの電車賃は年々高くなっているように思います。特にユーロになってからというもの、本当に高くて電車の旅も大変です。

私が留学していた時代は通貨がリラでしたので、非常に安かったです。ちなみに、私が留学していた頃はCARTA VERDEという電車の学割カードを取得し利用していました。

いずれにしても、旅行者の方は様々な割引制度を利用して切符を購入した方がいいかもしれません。中には「MINI」という最大60%の割引チケットもあるみたいです。ぜひ、TRENITALIAで調べてみてほしいと思います。

イタリアの電車の詳細や時刻、切符の購入は、TRENITALIAをご参照ください。
TRENITALIA:http://www.trenitalia.com

イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!無料メルマガ登録

スクリーンショット 2016-06-04 12.31.45

 

スポンサードリンク





お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3377-8397 受付時間:10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ「イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!」

麻生裕二プロフィール

イタリア自由旅予約サイト

 

   

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © イタリア自由旅情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.