イタリア初心者やイタリア好き、イタリアを自由に旅したい人に役立つ情報をご紹介!

未知の国クロアチアでのレース

次のレースまでの過ごし方

夢にまで見たイモラサーキットでのレースを終え、その好調さを維持するためにもっと頑張ろうと思った私は第3戦目へ向けて練習をすることにしました。私の住んでいたシエナから練習するマジョーネサーキットまでは、車で約1時間ちょっとのところでした。

とにかく、この良い流れを止めないために、もっと車を理解する必要もありましたし、もっとドライビングを上達させる必要がありました。そのために、実際にレーシングカーに乗って練習する必要がありました。そして、練習を重ねることでメカニックともコミュニケーションを深めることができました。

さらには、体力的にもトレーニングを積む必要がありました。夏のレースは体力的にも非常に消耗するので、筋力トレーニングや持久力のトレーニングを積み、次のレースまでにしっかり準備をしていきました。そんな充実の時間が過ぎ、第3戦目を迎えることになりました。

未知の国クロアチア

IMAG0032第3戦目はイタリアではなくクロアチアでのレースでした。このクロアチアのサーキットは、みんな行ったことがないということで何の情報も無いということでした。クロアチア自体が未知の国なのに、サーキットも何もわからないというのは、本当に全てが未知でした。

レースはクロアチアの「リエカ」という街にあるサーキットで行われました。クロアチアというのは、なんかまったく想像もつかなくて、当時の私のイメージでは戦争をやっているんじゃないかという印象でした。さすがに、レンタカーでの移動は困難と考えメカニック達のトラックに同乗する形で一緒に行きました。

とにかく、すごく遠かったことを覚えています。基本、ヨーロッパは陸続きですので、車移動が多くなります。国境はイタリアでも北の方の「トリエステ」という街でした。トリエステから国境を越えて、まずはスロヴェニアに入りました。そして、スロヴェニアを越えてクロアチアへと渡りました。

クロアチアに入る際の面白いエピソードなのですが、国境の警官(格闘家のミルコ・クロコップみたい)に「あの東洋人はなんだ?」とメカニックが聞かれていました。私はその時、国境を越えられないのかなと頭をよぎりました。

しかし、その時メカニックが言った言葉が「あいつは俺達のマスコットだ!」と答えてみんな大爆笑!それに警官がどのように答えるのかと思えば「そうか、行け!」とニコッと笑って言いました。私も思わず笑ってしまいました。そんなんでいいの?という感じでした。こういうところは愛敬やユーモアがあって面白いなと思いました。

そんなこともありながら無事「リエカ」に到着しました。この「リエカ」という町はリゾート地らしく海も非常にきれいでした。ホテルは5つ星ながら当時はかなり安かったです。やはり、物価が安かったこともあり、ヨーロッパの人達はバカンスでリエカに結構行くらしいです。オーストリア人などはスロヴェニアにガソリンを買いに行くそうです。このように、ヨーロッパ人はクルマで国境を越えられるから良いですよね。

クロアチアでのレース

IMAG0011さて、クロアチアのサーキットですが、案の定設備は良くありませんでした。今にも崩れそうなところどころに銃弾でも入っていそうな感じの穴が開いた建物でした。イタリアのサーキットより埃っぽく滑りやすい路面で、サーキットに行く前にイタリア人のドライバーから聞いていたのが「サーキットの路面が緑色なんだよ」ということでした。実際、行ってみたら本当に緑色で、何で?と未だに疑問です。コースレイアウトはなかなかテクニカルで面白かったです。

予選ですが、序盤は果敢にアタックし一時は3番手まで上がったのですが、途中スピンを喫し予選を5位で終えることになりました。とはいえ、そんなに感触は悪くなかったですし、行きのトラックでメカニックとコミュニケーションをたくさん取れたのもこのレースでは非常に優位に働きました。

そして決勝レースでは、得意のスタートで1台を交わしました。そこから4位争いの凄まじいサイド・バイ・サイド(SIDE BY SIDE)のバトルが始まりました。このバトルは今までのレース人生の中でも味わったことないものでした。

本当にいつタイヤが絡んでもおかしくないようなぶつかる寸前での抜きつ抜かれつのバトルを展開しました。ぶつかったら飛んで行くだろうなと思いながらも純粋にバトルを楽しんでいました。相手も私もお互いを尊重しているから出来たバトルだと思います。結果は5位入賞。このレースで「ジャポネーゼ・麻生」の存在を知らしめるレースとなりました。

この時に、とにかくメカニックが自分の事のように喜んでくれたのが嬉しかったです。本当に一体感がありましたし、帰り道でもこのバトルの話でとにかく盛り上がりました。とにかく「楽しかった」の一言につきるレースでした。今思えば、よくあんな遠いところまでレースをしに行ったなと思います。

イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!無料メルマガ登録

スクリーンショット 2016-06-04 12.31.45

 

スポンサードリンク





お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3377-8397 受付時間:10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ「イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!」

麻生裕二プロフィール

イタリア自由旅予約サイト

 

   

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © イタリア自由旅情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.