イタリア初心者やイタリア好き、イタリアを自由に旅したい人に役立つ情報をご紹介!

イタリアの大都市での車の運転

イタリアの大都市での車の運転

IMG_2302イタリアの大都市での車の運転で気をつけなければいけないことは、車線、一方通行、通行できる箇所、中心街、駐車といった感じでしょうか。イタリアでの運転では、非常にわかりにくいことが多いです。

私はフィレンツェでよくレンタカーを借りて車を運転することがありますが、「本当にここ通ってもいいのかな?本当にここ行ってもいいのかな?」と未だに戸惑うことがあります。

ということで、まず車線ですが、車線は有って無いようなものです。「めちゃくちゃ」という言葉がまさに合っているでしょう。朝や夕方の混雑時はラウンドアバウト(ロータリー)などは酷いもので、とにかく我れ先と何車線にもなって合流しています。本当にぶつかるかどうかのスレスレという感じですので、強引に入っていくしかありません。

そして、一方通行が多いことも大都市や中心街の特徴です。中心街では狭い道も多いので一方通行が自然と多くなります。とにかく複雑に入り組んでいたりしますので、あまり狭い道には入らないことをお勧めします。一方通行が多いため、通行できる箇所も限られてきたり、バス専用の車線もあったりしますので、これまた注意が必要です。

中心街は本当に複雑

IMG_2293イタリアは世界遺産の多い国です。ですので、観光客のためにも、景観を保つ意味でも、中心街への車の進入が限られています。基本、中心街へは許可証がないと入れないことがほとんどです。

私が住んでいた城壁に囲まれた街シエナも城壁の中には車では入れませんし、フィレンツェも基本許可証がない限り中心街へは入れません。これが非常に難しく、外人の観光客などは間違って知らずに入ってしまう人もいます。

フィレンツェなどはカメラが設置されており、入ってしまうと罰金になります。ですので、どこから入ってはいけないかをしっかり見分ける必要があります。基本、怪しいな、やばそうだなと思うところは入らないことです。

ただ、街によっては例外もあります。土曜日の夜や日曜日に限っては中心街に入れるというところもあります。これはその街によっても違いますので、しっかり調べておきましょう。ミラノも非常に道が複雑ですので、しっかり道を調べて走行した方がいいでしょう。

そして、駐車も割と厄介です。イタリアの駐車事情を見ると、一見どこに駐車しても良さそうに見えてしまいます。しかし、意外とルールがあります。黄色枠線は駐車してはいけません。青枠線は有料で駐車することができます。白枠線は無料で駐車することが可能です。

多くのイタリア人は、この白枠線を必死に探して車を駐車します。日本人の感覚では、中心街へ行くにもどこへ行くにも電車を利用することが多いです。それは、電車が何本も通っていて便利だからです。しかし、イタリアは日本のようにそんなに電車は通ってないので、夜は車で中心街へ繰り出す人も多くなります。ですので、駐車スペースは非常に混み合います。

リスクを冒さない

IMG_2301イタリアの運転に慣れていない人は、できるだけリスクを冒さないことです。できるだけ、中心街の外に車を止めて移動した方がいいでしょう。実際、私もレンタカーを借りる際はそのようにしています。最近はバンなど大きい車を借りることが多いので、特に中心街には入らないようにしています。

そして、駐車する箇所も要注意です。レッカー移動の看板などがある場所への駐車は容赦なくレッカー移動されますので、極力避けるようにしましょう。時には有料の場所に駐車した方が安全ですし、レッカー代を払うよりは結果安くつくかもしれません。

何よりも、トラブルが起こると言葉の問題が一番厄介です。まあ、トラブルも後々になれば良い思い出になりますし笑い話にもなりますが、でも極力避けたいですよね。私もこれまでレンタカーを借りた際に、ちょっとぶつけたり、警察に捕まったりということもあり、すごくストレスを抱えたことがあります。ですので、トラブルにならないようにできるだけ下調べをして運転してほしいと思います。仮に違反で警察に捕まったら、言葉がわからないふりをすることで見逃してくれる可能性もあります。

イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!無料メルマガ登録

スクリーンショット 2016-06-04 12.31.45

 

スポンサードリンク





お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3377-8397 受付時間:10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ「イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!」

麻生裕二プロフィール

イタリア自由旅予約サイト

 

   

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © イタリア自由旅情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.