イタリア初心者やイタリア好き、イタリアを自由に旅したい人に役立つ情報をご紹介!

イタリアでの車の運転事情

イタリアでの車の運転事情

イタリアでの車の運転事情ですが、車の運転に慣れていない人は最初は戸惑うかもしれません。戸惑う要素として挙げられるのが、車線の違いです。日本は左側通行ですが、イタリアは日本とは逆の右側通行です。これは、意外と間違えがちです。私もよく間違えたことがありましたが、つい癖で左側を走っていたりします。よく、前から車が驚いていたものです。

そして、マニュアル車の多いことに戸惑うことでしょう。日本とは違い、マニュアル車が基本で、オートマ車が珍しいということになります。高級車はオートマ車の方が多いですが、それでもイタリアではマニュアル車のシェアの方が高いでしょう。レンタカーを借りても基本マニュアル車ですので、マニュアル車の運転が苦手な方は気をつけてほしいと思います。

続いて戸惑うのが、環状交差点です。環状交差点とは、3本以上の道路をロータリーのような円形のスペースを介して接続したもので、この円形のスペースの真ん中には中央島と呼ばれる円形の通行できない区域があります。車両はこの中央島の周りの環状の道路を一方向に時計回りに通行します。英語ではこの環状交差点をラウンドアバウトと呼んでいます。

イタリアの交差点はこのラウンドアバウトがほとんどで、初めてイタリアを運転する人は合流するタイミングや行く方向などに戸惑うことでしょう。行く方向に戸惑ったら、目は回りますがぐるぐる回っていればいいだけです。

そして、街中に行くと混雑や車線を守らないことでカルチャーショックを受けるかもしれません。車線は有って無いようなものです。隙があれば入ってくると思った方がいいでしょう。信号待ちなどでも、隙間があれば前に行こうと入ってきますし、とにかくせっかちな人が多いのでみんなが前に行こう行こうと運転しています。

標識や駐車、高速道路での走り方

標識は日本と変わらないものもあります。私も完璧には覚えていませんが、そんなに心配しなくてもいいと思います。ただ、地名などが書いてある標識は、時々適当なものがあり合っていないものもしばしばあります。あまりそれに頼りすぎると道に迷うかもしれません。

駐車ですが、街中での駐車を見てみると適当に止めているように見えますが、一応ルールがあります。黄色い枠線は基本止めてはいけません。そして、青い枠線は有料となります。無料で止められるのは白の枠線のみです。ただ、白の枠線のところは意外と埋まっていることが多いです。イタリア人もぐるぐる回りながら駐車できるスペースを探していることが多いです。

イタリア人の場合は、ちょっとの隙間があれば駐車しようと頑張ります。その時に、前後のバンパーをゆっくりぶつけながら入れることもしばしばあります。出庫する時もバンパーをぶつけながら出ることがあります。仮に白枠以外のところに駐車すると、レッカー移動されることもありますので注意が必要です。ただ、夜は止めても大丈夫な場合もありますが、明け方に時々一斉にレッカー移動する時がありますので注意してください。

私はこれまでレッカー移動されたことはありませんが、イタリアは駐車場などで市場を開くことがありますので、そのためにレッカー移動されることもあります。外人はなかなかわからないのですが、イタリア人はおそらくそのあたりを理解して止めていると思います。

高速道路ですが、基本日本と走り方は同じです。ただ、イタリアの方が走行ルールは徹底しています。というのは、基本右側は走行車線、左側は追い越し車線です。日本ではこのルールが徹底されていませんが、イタリアでは遅い車が追い越し車線を走っていようものなら、後ろから速い車が来たらパッシングの嵐です。これは、冗談抜きですごいので、高速道路を走る際は気をつけてください。

日本とイタリアとでは運転の仕方がそもそも違う

高速道路でも一般道でも割とオービスも多いので注意しましょう。みんながゆっくり走っていたら注意が必要かもしれません。そして、街中で注意しなければいけないのが、許可者でないと中心街に入れないということがあります。万が一入ると罰金ということも有りえますので注意してください。

あとは、盗難にも気をつけることです。車内の見えるところにカバンなどを置いて車を離れないことです。車上荒らしも多いので、トランクなどの見えないところにしまったり、カバンなどは持って出かけるようにしましょう。

イタリア人の運転マナーは良いかといえば、そういうわけでもありません。スピードは出すし、隙間があれば入ってくるし、イライラすればクラクションを鳴らします。とはいえ、イタリア人は運転が上手いと思います。ですので、イタリアで走っている以上イタリア人を見習って、イタリアのルールで運転してほしいと思います。

イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!無料メルマガ登録

スクリーンショット 2016-06-04 12.31.45

 

スポンサードリンク





お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3377-8397 受付時間:10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ「イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!」

麻生裕二プロフィール

イタリア自由旅予約サイト

 

   

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © イタリア自由旅情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.