イタリア初心者やイタリア好き、イタリアを自由に旅したい人に役立つ情報をご紹介!

イタリアでのシーズンオフ

イタリアでのシーズンオフ

レースシーズンが終わり、クリスマスと正月を終えて1999年へ入りました。イタリアではクリスマスは非常に大事なイベントで、街が何も動かないのでゆっくり休みました。ちなみに、ドライバーにとってこのシーズンオフは非常に大変な時期であるとも言えます。もちろんトレーニングをしたりすることも大事な要素の1つなのですが、次のシーズンをどんなレースに参戦するのか、そして参戦するための資金調達が最も重要な課題となります。

皆様もご存知の通り、近年の不景気でどの企業もスポンサーをする余裕がありません。私はイタリアに残りスポンサー活動をしていたのですが、車関係の企業やイタリアにある日本企業、その他知り合いに相談したりしていました。

その当時は「イタリアで唯一の日本人ドライバー」という売りで、様々な企業に電話したり手紙を送ったりと試みましたが、どれもうまくいきませんでした。さすがに企業に電話した時はイタリア語で話すのが難しかったですし、やはりお金が関わるとビジネスだし、日常会話とはえらい違いだと感じました。

このスポンサー活動と同時に、自分が来るシーズンにどのカテゴリーに参戦すべきなのか?これを決めることも重要です。私はどのカテゴリーでも良いとは思いませんでした。やはり自分に合ったカテゴリーを探すべきだと思いましたし、スポンサーのメリットになり自分のためになるカテゴリーを選択したいと思っていました。

シーズンオフのテスト

そこで、いくつかの車をテストしてみることにしました。私はレーシングスクールの校長先生に相談しました。もちろんステップアップを考えていたので、昨年(1998年)まで参戦していたフォーミュラ・フォードに乗る気はあまりありませんでした。

そこで校長先生から言われたことは、昨年(1998年)まで私が参戦していた「フォーミュラ・フォードに1800ccのエンジンを積んだ車をテストしてみたら」と言われました。ちなみに昨年(1998年)までの車は1600ccでした。

やはりエンジンの違いと多少車両も違うので乗ってみたかったですし、実際乗ってみて非常に良い経験になりました。タイヤのグリップレベルも明らかに違うし、エンジンパワーも明らかに違いました。とはいえ、コントロールできないということもありませんでしたし、どちらかというと1800ccの車両の方が乗りやすいという印象でした。こうして1日目のテストを終えました。

そして2日目のテストで、今度は同じ1800ccのエンジンでセッティングが全然決まっていない車を与えられることになりました。メカニックから「セッティングを煮詰めていこう」と言われました。しかし、走行を始めてびっくりしました。「何だこのマシン!全然まともに走れないよ、こんなの!」とヘルメットの中で叫んでいました。

良いラインを取りたくてもクルマが素直に走ってくれないのです。超アンダーステアでまともに走れませんでした。ということで、ここからメカニックとセッティングを煮詰めていくことになりました。走行してはセッティングを詰め、徐々にまとまなマシンへとなっていきました。そして、その日の終わりには満足のいくセッティングが出て、お互い良い仕事が出来たと満足しました。こんな感じで冬場はカテゴリー選びもしていました。

レーサーにとってはシーズンオフも大変

レーサーにとってシーズンオフは大変な時期です。やはり、スポンサー探しが大変です。スポンサーがいないとレースをすることが難しいですし、はっきり言ってF1やメジャーなカテゴリー以外はモータースポーツにスポンサーをしても費用対効果を望むのが難しいからです。

だからといって諦めてはいませんでしたが、やはり底辺カテゴリーでも協力してくれる理解のあるスポンサーを見つけるしか方法はありません。ただネガティブなことばかりではなく、モータースポーツには人に与える感動があります。

例えば看板広告は目立つけど、人に感動を与えるとは思えません。しかし、モータースポーツは人間1人1人が関わることで、あらゆるドラマや感動、希望、勇気などを与えてくれます。やはり、これは命をかけて戦っている人間にしかできないことだと思います。皆様も今後もしモータースポーツを見る際には、こんなことも考えて見て頂ければ良いかなと思います。

あと、シーズンオフはトレーニングもしなくてはいけません。シーズンオフのトレーニングがレースにも影響してきます。シーズンオフでしっかりとした筋肉や持久力を付けて、シーズン中はそれを保つといった感じでやっていくことが大切です。やはり体のバランスを保つことがシーズンを戦う上で大事です。

イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!無料メルマガ登録

スクリーンショット 2016-06-04 12.31.45

 

スポンサードリンク





お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3377-8397 受付時間:10:00-18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料メルマガ「イタリア自由旅を150倍楽しむ方法!」

麻生裕二プロフィール

イタリア自由旅予約サイト

 

   

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © イタリア自由旅情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.